外壁塗装の塗り替えタイミングについて

横浜市の信頼できる外壁塗装業者をご紹介 横浜の外壁塗装・屋根塗装業者徹底比較
  1. サイトトップ
  2.  ≫ 外壁塗装に関する豆知識 ~横浜編~
  3.  ≫ 外壁塗装の塗り替えタイミングについて

このページでは「外壁塗装の塗り替えタイミングについて」をご紹介しています。

外壁塗装の塗り替えタイミングについて

建物を保護するためになくてはならない外壁塗装も、いつかは効果が薄れ、塗替えのタイミングが訪れます。
また、塗装する時期によって業者とのやり取りや工事の難易度もやや異なってきますので、季節的な条件も知っておかなければなりません。

余計な費用や工事を発生させずにベストなタイミングで塗り替えを行うためにも、このページでは「外壁塗装の塗り替えタイミング」をご紹介します。

外壁塗装を行うタイミングは家が教えてくれる?

外壁塗装を行うタイミング

外壁塗装は季節的なタイミングだけなく、劣化症状が現れた時も実施タイミングと考えましょう。

下記は外壁や屋根で起こる主な塗り直しのサインや、塗り直しが必要な理由について紹介しています。

・チョーキング現象

外壁を触ったときに壁の色と同じ粉が手についた経験はないでしょうか。
これは「チョーキング現象」と呼ばれるもので、紫外線や直射日光、風、雨水などが原因で塗装が劣化し、成分の顔料がチョークの粉のように表面に付着している状態です。

チョーキングが起きているということは塗料は耐久力を失っており、危険度も高い状態ですので、できるだけ早めに塗装を塗り替えなくてはなりません。
チョーキング現象は塗膜劣化現象の中でも特にわかりやすく、誰でもチェックできますので覚えておきましょう。

・ひび割れ(クラック)

ひび割れた塗膜やモルタル外壁は、隙間から雨が入り込み、構造材のカビやサビ、腐食などの原因にもなり、見た目だけでなく建物自体の強度低下にも繋がります
特に、モルタル壁やコンクリート壁など外壁そのものに入っているひび割れは、塗膜表面のみのひび割れよりも深刻です。

ひび割れの深さがわからないときは外壁塗装業者やリフォーム専門業者に点検を依頼し、適切な補修を行ってもらいましょう。

・雨漏り

室内に雨漏りが起きているということは、外壁や屋根の構造になんらかの問題が起きているということでもあります。

屋根の防水シートが劣化していたり、外壁内部に天水が浸水していたりする恐れがあり、早急に補修しなければ内装材の傷みだけでなく構造材の劣化によって家全体の耐久性も落ちかねません

・外壁の汚れ(苔、カビ)

なんとなく外壁が汚れてきたと感じたときも、塗り替えのタイミングと言えるでしょう。

汚れが付着しやすくなったということは塗装の防水力や耐久性が低下していることも考えられますので、塗装業者を呼んで塗替えが必要な状態か点検してもらうことをおすすめします。

カビやコケは殺菌が大切

ただし、頑固な汚れの正体がカビやコケなどの場合は、適切な塗装プランを考えなくてはなりません。

カビやコケは水分の多い場所を好んで繁殖し、一度根を張るとただの水洗いでは根本から除去できず、すぐにまた再生してしまいます
外壁塗装では塗装前に高圧洗浄機を使って頑固な汚れを落としますが、カビやコケを殺菌する洗剤を使ったバイオ高圧洗浄なども選ぶことができます。

また、カビやコケの再発を防ぐ防カビ・防藻効果を持つ塗料などもありますので、最も適切な塗料を業者に選んでもらいましょう。

まとめ

上記で記述した通り、お家は様々なサインを出します。
このサインを放っておくとどんどん劣化が進み、いざ工事を行う際に莫大な費用が掛かってしまうこともあります。

定期的に確認をし、診断等も依頼しましょう。
外壁診断等はどこの業者も無料で行ってる場合が多いので依頼してもいいでしょう。

横浜市で信頼できる外壁塗装店

株式会社 山田工芸
株式会社 金子塗装
フジテック株式会社