外壁塗装におすすめの季節

横浜市の信頼できる外壁塗装業者をご紹介 横浜の外壁塗装・屋根塗装業者徹底比較
  1. サイトトップ
  2.  ≫ 外壁塗装に関する豆知識 ~横浜編~
  3.  ≫ 外壁塗装におすすめの季節

このページでは「外壁塗装におすすめの季節」をご紹介しています。

外壁塗装におすすめの季節

外壁塗装は1年中いつでも工事を行えます。
しかし、できない条件もあります。
気温が5度以下の時、湿度が85パーセント以上の時は塗装がはがれやすくなったり、塗膜の持ちが悪くなる原因につながってしまいます。

このページでは「外壁塗装におすすめの季節」をご紹介します。

塗り替え季節毎のメリット・デメリット

下記に季節毎のメリット・デメリットをまとめてみました。

・春に外壁塗装を行うメリット・デメリット

メリット
・塗料が乾きやすい
・職人さんが快適に作業できる

デメリット
・業者による宣伝時期なので、どの業者にするか迷ってしまう

・梅雨に外壁塗装を行うメリット・デメリット

メリット
・雨が降っていなく適切な湿度を守れば、今の塗料なら問題ない

デメリット
・雨で工期が延びてしまう

・夏に外壁塗装を行うメリット・デメリット

メリット
・塗料の渇きが早いので、作業が順調に進む
・気温が高いと塗料が伸びやすくなり、職人さんは塗りやすい

デメリット
・窓が開けられないのでエアコンを使用する機会が増える
・日中屋根は暑くて登れないので、朝早い時間や夕方に屋根塗装する
・職人さんが暑くてつらい

・秋に外壁塗装を行うメリット・デメリット

メリット
・空気が乾燥しているので、塗料が乾きやすいい
・職人さんが作業しやすい

デメリット
・台風で工期が延びてしまう

・冬に外壁塗装を行うメリット・デメリット

メリット
・暑くないので窓を閉めていても問題なく過ごせる

デメリット
・気温が5度以下だと施工が不可能になる
・乾燥に時間がかかり、工期が延びてしまうことがある
・屋根が結露して作業が進まなく、工期が延びてしまう

春や秋は気候によって施工がしやすく、窓を閉め切っても問題のない季節だと、施主側としては工事中でも無理なく過ごせます。

雨の季節や真冬に塗装をと考えている人は、工期が延びる可能性があることを念頭に置いておきましょう
外壁・屋根の塗装工期は10~14日間の約2週間かかります
工期が延びるとなると、その期間ずっと職人が毎日出入りし、窓は閉めたままの状態になります。

まとめ

上記で記述したように基本的に外壁塗装はいつでも可能です。
ただ、季節要因を考えると梅雨、真夏、真冬は避けて春先や秋口の時期に塗装が最適かもしれません。

横浜市で信頼できる外壁塗装店

株式会社 山田工芸
株式会社 金子塗装
フジテック株式会社